シャドールと相性の良いテーマ4選【一体どのテーマの組み合わせが一番正解なんや?】

テーマ紹介




「融合」テーマといえば・・・

 

 

なんといっても「シャドール」!


SE 影依融合

と思うのは管理人だけでしょうか?

 

「融合」といえば、手札消費も激しく、中々アドバンテージが取りにくいテーマですが、そのデメリットを根本から、変えたのが「シャドール」といっても過言ではないでしょう!!

その人気なテーマな故、近年では「ストラクチャーデッキ」も登場し、さまざまなテーマと組み合わさることによって、更なる力を付けた「シャドール」。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドール

管理人自身も「シャドール使い」の一人ですが、そこで疑問に思うことが・・・

「結局シャドールってどのテーマと組み合わせたら強いんやろ?・・・」

 

「シャドール」使いにとって永遠の悩みではないでしょうか?

ということで、今回は管理人自身が組んできたシャドールデッキや対戦をもとに、相性の良かったテーマについて考察してみました。

是非「シャドール」使いの参考になれば幸いです!

 

召喚獣シャドール

管理人自身も以前組んだことのあるデッキの一つです。

シャドール召喚獣【シャドールってやっぱ最高だわ(笑)】

「召喚獣」は「シャドール」と同じように「融合」に特化した、テーマの一つです。汎用力が高いテーマであり、同じ「融合」テーマであることから、「シャドール」との相性抜群です。

現在のシャドールにおいて、先行で立てるモンスターといえば「エルシャドール・ミドラーシュ」くらいなのですが、「召喚獣」というテーマと組み合わせることにより、先行展開で「メルカバー」を立てることで、先行でも妨害を立てられるようになりました。


SR 召喚獣メルカバー

融合・効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻2500/守2100
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

それを可能にするカードが下記のカードです。


SE 召喚師アレイスター(イラスト違い版)

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

 


SE 召喚魔術

通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、
自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

 


SR 聖魔の乙女アルテミス

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体
自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

「召喚師アレイスター」は、「召喚魔術」のサーチは勿論、レベル4魔法使い族ということで、「アルテミス」をリンク召喚出来る為、「アレイスター」1枚からの初動で「メルカバー」まで一気に繋げることが出来ます。

加えて「召喚魔術」は手札融合なら「シャドール」モンスターを融合召喚することも出来ますし、「アレイスター」は手札から捨てることにより、「融合」モンスターの攻撃力を上げることが出来、ホントに優秀です。

 

 


P-N 暴走魔法陣

フィールド魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、
その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

さらにもう一つ注目すべきカードが上記の「暴走魔法陣」。このカードが発動している状態であれば、「シャドールフュージョン」や融合モンスター召喚成功時、「神の宣告」等を撃たれるのを防いでくれるため、安心して融合召喚出来ます。どちらかというと、「アレイスター」サーチにばかり、目がいってしまうカードなのですが、実際に使ってみると融合をテーマにしたデッキにとってはかなり、強いカードです。

実際に使っていて思うのですが「召喚獣」ってほんとぶっ壊れテーマなような気がします(笑)。

 

 

マギストス・シャドール

「マギストス・シャドール」の中で注目してほしいカードが下記のカードです。

 


SR 結晶の大賢者サンドリヨン

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「マギストス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●除外されている自分のレベル4以下の魔法使い族モンスター1体を選んで墓地に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

 


P-N 聖なる法典

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた
魔法使い族モンスターを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「マギストス」融合モンスターを融合召喚する場合、
「マギストス」モンスターが装備している
自分の魔法&罠ゾーンの装備カード扱いの融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

「サンドリヨン」は召喚・特殊召喚成功時に、デッキから「マギストス」魔法・罠カードをサーチすることが出来、そのサーチ先は「聖なる法典」になります。

「聖なる法典」は手札・フィールドから魔法使い族を含むよう融合素材モンスターを墓地へ送って融合モンスターを融合召喚する効果を持つカードです。

単純にサーチ出来る「融合」カードが増えたことにより、安定感は勿論、シャドールの負けパターンの一つである、「融合」出来ずに、負けというパターンを減らすことが出来ます。

この「聖なる法典」と「サンドリヨン」を組み合わせることにより「ネフィリム」を融合召喚しやすくなったのも一つの強みです。


SE エルシャドール・ネフィリム

融合・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2500
「シャドール」モンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと
戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
そのモンスターを破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

さらに、このテーマと組み合わせることにより、「マギストス」融合モンスターも出すことが可能で、先行時に「シャドール」で一妨害加えられることも可能になりました。


N 法典の守護者アイワス

融合・効果モンスター
星8/風属性/悪魔族/攻2000/守2800
「マギストス」モンスター+魔法使い族モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
この効果でこのカードを相手モンスターに装備した場合には、
装備モンスターの効果は発動できず、そのコントロールを得る。
(2):このカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。

 

 

管理人も一度「マギストス・シャドール」を組んでいたのですが、相性はかなり良いです。「ネフィリム」を出しやすくなったことにより、リソースが稼ぎやすくなりましたし、何より一番感じたことは、安定性の高さです。やっぱり、単純に「融合」カードを引ける確率が高くなったことは、「シャドール」にとってかなりの追い風です。

マギストス・シャドール【これはもうシャドール新規だな(笑)】




ドラグマシャドール

汎用強テーマである「ドラグマ」。そこに「シャドール」要素を入れたデッキです。

中でもドラグマ強カードが下記の2枚。


R 天底の使徒

通常魔法(制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 


SR 教導の聖女エクレシア

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「教導の聖女エクレシア」以外の「ドラグマ」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない

 

ホント、どちらも強いことしか書いていないカードです(笑)。これらの効果を使って、「EXデッキ」から墓地に送る「シャドール」モンスターが下記のモンスターです。


UR エルシャドール・アプカローネ

融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

 

「アプカローネ」を墓地に送れる為、(3)の効果により、デッキから、下記の「シャドール最強カード」をサーチ出来るようになり、相手ターンに「ミドラーシュ」を融合召喚することが可能になりました。


R 影依の偽典

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。

 


SR エルシャドール・ミドラーシュ

融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

このギミックがホントに強いです。デメリット効果としてこの効果で出したモンスターは直接攻撃出来なくなってしまいますが、その効果は、ほとんどに気にならないと思います。相手ターンに「ミドラーシュ」を特殊召喚することができれば、相手の召喚・特殊召喚回数を制限することが出来る為、相手の動きを一気に封じることが出来ます。

相手ターンに墓地融合も強いですが、対象をとらない墓地送りもかなり強いです

 

 

個人的にはこのギミックのデッキと対戦したことがあるのですが、パワーはこれまで紹介した2個のテーマの中で一番上に感じます。というか、「ドラグマ」が強すぎる・・・(笑)
現在では「天底の使徒」が制限になったため、「ドラグマ」もパワーダウンしましたが、現環境でも十分に戦えるテーマなので、ホントに恐ろしいテーマです。
ちなみに「ドラグマ」「召喚獣」「シャドール」を組み合わせたデッキと対戦しましたが、こちらも中々強力です(笑)。
ただ、このドラグマギミックになると、あまり「シャドール」っぽくなくなる為、個人的にはあまり好きではないです(笑)。

 

デスピアシャドール【2021.9.追記】

新たに登場した、天使族・融合テーマである「デスピア」。

管理人も現在組んでいるシャドールの型です。

デスピアシャドール【シャドールとの相性良すぎ!】
デスピアシャドールデッキについてご紹介
デスピア・シャドール【DーHERO デストロイフェニックスガイ出張セット】
デスピア・シャドール【DーHERO デストロイフェニックスガイ出張セット】について、紹介

主に、融合がメインなテーマで、融合素材も闇属性が多く、効果で墓地に送られると「デスピアカードのサーチ」や「デスピアモンスターをデッキから特殊召喚」といった「シャドール」と同じような効果を持っているテーマです。

「デスピア」については、下記で詳しく紹介しておりますので、是非ご参考下さい!

デスピア【新たな天使族の融合テーマ】
デスピアというテーマについて紹介!!
デスピア新規登場!!【またまたシャドールが強化されそうです(笑)】
「BURST OF DESTINY」に登場するデスピア新規について紹介!

「シャドール」と相性の良いカードが下記のカード。


SR デスピアの大導劇神

効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻3000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターが特殊召喚された場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):手札・フィールドのこのカードが融合召喚の素材になり、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

融合素材になることで、自身を特殊召喚出来るモンスターです。

基本的に「エルシャドール・ミドラーシュ」の素材にすることで、「ミドラーシュ」も特殊召喚出来、加えて融合素材となった「デスピアの大導劇神」も特殊召喚することが出来ます。

 

 


N 烙印開幕

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札を1枚選んで捨てる。
その後、デッキから「デスピア」モンスター1体を手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの融合モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる

手札を1枚捨てることで、デッキから「デスピア」モンスターを特殊召喚することが出来るカード。その効果も十分に強いですが、「シャドール」と相性の良い点が「手札を1枚捨てる」という点です。この「捨てる」が、コストではなく効果で捨てる行為なので、手札の「シャドール」を捨てれば、「シャドール」の効果を発動することが出来ます。

このカード1枚で「シャドール」と「デスピア」二つの効果が使える為、一気にアドバンテージを稼ぐことが出来ます。

 


N 烙印劇城デスピア

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
レベル8以上の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):融合モンスター以外の自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のレベル8以上の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

「デスピア」の融合モンスターは勿論、「シャドール」融合モンスターもこのカードによって融合召喚することが出来ます。

「シャドール」を融合召喚する為には、「レベル8以上」の融合モンスターしか特殊召喚出来ない為、下記のモンスターしか出すことが出来ませんが、「シャドール」にとって「融合」出来るカードが増えたことは、安定力にも繋がりフィールド魔法という点も強いです。


遊戯王 DUEA-JP049-UL 《エルシャドール・ネフィリム》 Ultimate


遊戯王OCG エルシャドール・シェキナーガ アルティメットレア NECH-JP049-UL

 

個人的には、これまで組んできた「シャドール」の型の中では、「召喚獣」の次にかなり相性の良いテーマだと思います。

ただ、このデッキの型にすると、どうしてもカードの採用枚数が増えるため、中々40枚構築が難しい・・・

中途半端に40枚以上の構築にするならば、60枚構築が個人的にオススメです。

ただし、現在「隣の芝刈り」が準制限と60枚構築ということもあり、少し安定性に欠けるのが考えものです。

「隣の芝刈り」が無制限になる日は、いつになるやら・・・


隣の芝刈り スーパーレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp041

 

 

最後に

こうやって改めて見てみると、「シャドール」ってかなり古いテーマでありながら、無限の可能性を秘めたテーマだなとつくづく思います。だからこそ、ここまで愛されているテーマではないのでしょうか。

現環境だと、中々純構築ではパワー的に厳しいかもですが、さまざまなテーマと組み合わせることにより、現環境でも十分に戦えるテーマだと思います。

今後シャドール新規は勿論、「シャドール」と相性の良いテーマがまた増えることに期待したいです。

但し、強いていうなら、「シャドールカード」で「リバース効果」ではなく、初動一枚で「シャドールカード」をサーチ出来るカードをそろそろKONAMIさん下さい・・・(笑)

 




 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ DAWN OF MAJESTY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1725

 


【英語版】 Egyptian God Deck: Slifer the Sky Dragon & Obelisk the Tormentor エジプシャン・ゴッド・デッキ:オシリスの天空竜 & オベリスクの巨神兵 1st Edition

 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISE OF THE DUELIST BOX(初回生産限定版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました