融合カード不要!?新たな融合テーマ「ティアラメンツ!」【テーマ解説】

テーマ紹介

今回は「POWER OF THE ELEMENTS」にて収録された、新規融合テーマ「ティアラメンツ」について紹介!!


【アジア版 遊戯王OCG POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)】

 

強力な新規融合テーマとなっており、ホント最近のKONAMIさんの融合推しは一体なんなんでしょうか?(笑)

 

ティアラメンツとは

「ティアラメンツ」は、下記の特徴を持っている新規融合テーマです。

・これまでの融合テーマのように「融合」魔法の必要ナシ!

・自分のデッキトップからカードを効果によってランダムに墓地に送る効果。

・効果で墓地に送られると、手札・フィールド・墓地から融合素材をデッキに戻すことで、EXデッキから融合召喚出来る効果。

モンスター自身に、「融合」効果が内蔵されており、手札・フィールド・墓地と広い範囲で融合召喚が可能です。また「シャドール」のように効果でカードが墓地に送られた場合の効果や「ライトロード」のデッキトップ墓地送り効果を内蔵しているのも特徴の一つのテーマです。

 

ティアラメンツ・メイルゥ


N ティアラメンツ・メイルゥ

効果モンスター
星2/闇属性/水族/攻 800/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

召喚・特殊召喚成功時にデッキトップからカードを3枚墓地に送る効果。

ランダム墓地肥し効果ですが、ティアラメンツは、効果で墓地に送られると、手札・フィールド・墓地の融合素材モンスターをデッキに戻すことで融合召喚出来る効果を持っています。

ティアラメンツの共通効果である、デッキトップ墓地送り効果は勿論、どこからでも効果で墓地に送られれば、発動出来る効果です。

但しコストでの墓地送り効果では、発動しない為、そこは注意です。

 

 

ティアラメンツ・ハゥフニス


N ティアラメンツ・ハゥフニス

効果モンスター
星3/闇属性/水族/攻1600/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

相手がフィールドに於いてモンスター効果が発動した場合、手札から特殊召喚を行い、デッキトップから3枚墓地送り効果を持つモンスター。

特殊召喚効果は、相手ターンでも発動出来る効果な為、発動トリガーも緩く、特殊召喚は容易いと思います。

ランダム墓地肥し効果な為、運に左右されますが、自身の墓地送り効果によって運よくティアラメンツモンスターが墓地に送られ墓地に融合素材が溜まっていれば、共通効果によって相手ターンに融合召喚も狙えるモンスターです。

 

 

ティアラメンツ・シェイレーン


SR ティアラメンツ・シェイレーン

効果モンスター
星4/闇属性/水族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。
その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

手札から特殊召喚し、さらに自分の手札からモンスター1体を墓地に送る効果を持つモンスター。その後デッキトップからカードを3枚墓地に送ることが出来ます。

手札からモンスターを墓地に送る効果は、効果での墓地送りになる為、ティアラメンツをこの効果によって墓地に送れば、共通効果によって融合召喚も狙えることが出来ます。

このカード1枚によって一気に4枚のカードを墓地肥しが出来る点も特徴です。

 

 

ティアラメンツ・レイノハート


R ティアラメンツ・レイノハート

効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1500/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ティアラメンツ・レイノハート」以外の「ティアラメンツ」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚し、自分の手札から「ティアラメンツ」カード1枚を選んで墓地へ送る。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

召喚・特殊召喚成功時にデッキから自身以外のティアラメンツオンスターを1体墓地に送る効果。自身が効果で墓地に送られると、自身を特殊召喚を行い、手札からティアラメンツカードを墓地に送る効果を持つモンスターです。

これまでのティアラメンツモンスターと違って確実に、ティアラメンツカードを確実に墓地に送ることが出来る為、共通効果によって確実に融合召喚を狙うことが可能です。

ティアラメンツの上級融合モンスターの融合素材に必須なモンスターです。

 

 

ティアラメンツ・キトカロス


SR ティアラメンツ・キトカロス

融合・効果モンスター
星5/闇属性/水族/攻2300/守1200
「ティアラメンツ」モンスター+水族モンスター
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ティアラメンツ」カード1枚を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・墓地から「ティアラメンツ」モンスター1体を選んで特殊召喚し、
対象のモンスターを墓地へ送る。
(3):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

ティアラメンツモンスターと水族モンスターで出せる融合モンスター。

特殊召喚成功時に、ティアラメンツカードをサーチするか1枚墓地送ることが出来、ティアラメンツカードの様々な効果にアクセス出来るモンスターです。

また、自分フィールドのモンスター1体を対象として、手札・墓地から「ティアラメンツ」モンスター1体を特殊召喚し、対象のモンスターを墓地に送ることが出来ます。(1)の特殊召喚効果使用後は、バニラ同然となるモンスターの為、(2)の効果によって自身を墓地に送れば、そのまま(3)の効果に繋げる動きが可能です。

余談ですがレベル5の融合モンスターな為、「簡易融合」でも融合召喚が可能なモンスターです。


SE 簡易融合

 

 

ティアラメンツ・カレイドハート


UR ティアラメンツ・カレイドハート

融合・効果モンスター
星9/闇属性/悪魔族/攻3000/守3000
「ティアラメンツ・レイノハート」+水族モンスター×2
このカードは融合素材にできない。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、またはこのカードがフィールドに存在する状態で、水族モンスターが効果で自分の墓地へ送られた場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚し、デッキから「ティアラメンツ」カード1枚を墓地へ送る。

ティアラメンツのエースとなる融合モンスター。

特殊召喚成功時またはこのカードがフィールドに存在する状態で、水族モンスターが効果で自分の墓地へ送られた場合、相手フィールドのカードを1枚デッキバウンスすることが出来ます。

発動トリガーは、ティアラメンツならばさほど難しくない為、相手ターンでも発動出来る効果になっています。

(2)の効果によって自己再生効果も備えている為、この効果での特殊召喚時にも相手フィールドのカードをバウンスすることが出来ます。

攻撃力・守備力3000と高く、アタッカー兼牽制及び妨害も兼ね備えているモンスターです。

 

 

壱世壊=ペルレイノ


R 壱世壊=ペルレイノ

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの融合モンスター及び「ティアラメンツ」モンスターの攻撃力は500アップする。
(3):自分フィールド・墓地の「ティアラメンツ」モンスターがデッキ・EXデッキに戻った場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

効果処理として、ティアラメンツモンスターをサーチすることが出来、自分フィールドの融合モンスター及び「ティアラメンツ」モンスターのステータスを上げる効果を持つフィールド魔法。

ステータスアップ効果は、ティアラメンツだけでなく融合モンスターならば何でもステータスを上げることが出来、汎用力の高いカードです。

また、自分フィールド・墓地のティアラメンツモンスターがデッキ・EXデッキに戻った場合、フィールドのカードを1枚破壊することが出来ます。

ティアラメンツは、共通効果として融合召喚効果時に融合素材をデッキに戻す効果を持っている為、破壊の発動トリガーは簡単に満たすことが出来ます。また、相手からのデッキバウンス効果によっても発動することが出来る為、それを牽制することも出来るフィールド魔法です。

唯一の欠点として、カード名にティアラメンツと記載がされていない為、サーチが不可能な点です。せめて、テキストに「このカード名はティアラメンツカードとしても扱う」という一言が欲しかったな~・・・・

 

 

壱世壊に奏でる哀唱(ティアラメンツ・サリーク)


N 壱世壊に奏でる哀唱

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にする。
その後、自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ティアラメンツ」モンスター1体を手札に加える。

自分フィールドにティアラメンツモンスターが存在すれば、相手フィールドの効果モンスター1体の効果を無効化させることが出来ます。その後自分フィールドのモンスターを墓地に送らなければなりませんが、ティアラメンツモンスターを墓地に送れば、そのままティアラメンツの共通効果に生かすことが出来ます。

(2)の効果は、デッキ及びフィールドからでも効果によって墓地に送られれば発動出来る効果になっており、「おろかな副葬」等で墓地に送り、ティアラメンツモンスターをサーチする動きも出来ます。

 

 

壱世壊に軋む爪音(ティアラメンツ・メタノイズ)


N 壱世壊に軋む爪音

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
その後、デッキから「ティアラメンツ」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「ティアラメンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

自分フィールドにティアラメンツモンスターが存在する場合、相手のモンスター1体を裏守備に出来る「月の書」効果を持ち、デッキからティアラメンツモンスターを1体墓地に送ることが出来ます。

「ティアラメンツ」を墓地に送ることが出来る為、共通効果を生かすことが出来るカードですが、個人的には、速攻魔法である「月の書」方が使いやすいと思います。

この罠カードも上記の永続罠同様、デッキ・フィールドどこからでも効果で墓地に送られれば、墓地のティアラメンツモンスター1体をサルベージすることが出来ます。

 

 

壱世壊に澄み渡る残響(ティアラメンツ・クライム)


N 壱世壊に澄み渡る残響

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「ティアラメンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

ティアラメンツモンスターが存在すれば、モンスター効果・魔法・罠カードの発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻し、手札からモンスター1体を墓地に送る効果を持つカウンター罠カード。

破壊こそしない為、発動を無効にしても再び使用されてしまう恐れがありますが、「ミラジェイド」のような、フィールドから離れた場合に破壊効果を持つようなカードには有効的なカウンター罠カードです。その後、手札からモンスターを墓地に送らなければなりませんが、この効果によってティアラメンツの共通効果を生かしたり、ティアラメンツの効果に似た「シャドール」を墓地に送る動きも面白いです。

 

 

ティアラメンツの強みと弱点

これまでの融合テーマとは、違った性質をもったテーマ「ティアラメンツ」。

ここでは、「ティアラメンツ」の強みと弱点について考えてみました!

 

ティアラメンツの強み

ティアラメンツの強みの一つ目は・・・・

・手札、フィールド、墓地と融合出来る範囲が広い点

これまでの融合テーマであれば、必ずといっていいほど「融合」をする為の専用魔法カード等がmンnが必要だったのですが、ティアラメンツは効果で墓地に送られると広い範囲で融合が可能なテーマです。合わせて、ティアラメンツ下級モンスターは墓地肥し効果も持っている為、それぞれのモンスターが墓地肥し効果と融合効果を合わせて持っている点が強みの一つだと思います。

 

二つ目は・・・・

・融合素材のリソースが突きにくい

例えば、同じ融合テーマである「シャドール」。こちらも効果で墓地に送られると、ティアラメンツと同じように効果を発動出来るテーマですが、長期戦になればなるほど、デッキ内の融合素材リソースが尽きて、肝心の融合が出来ない点もしばしば(笑)。

しかし、ティアラメンツは融合素材をデッキに戻すことで融合召喚出来、融合素材のリソースを回復出来る為、これまでの融合テーマと違って長期戦も戦えるテーマだと思います。

 

 

ティアラメンツの弱み

ティアラメンツは、墓地融合が可能なテーマな為、墓地リソースが重要なテーマです。

その為、対策されやすく、弱点として・・・

・除外といった墓地対策をされると、ティアラメンツの効果が機能しない点。

 

最近では、下記の「墓穴の指名者」や「DDクロウ」も汎用カードとしてメインで採用されることも多く、これらのカードについては要注意です。


SR 墓穴の指名者

速攻魔法(準制限カード)
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及び
そのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

 


N D.D.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

特に、「次元の裂け目」や「マクロコスモス」なんかの墓地メタカードを張られてしまうと、全く効果が機能しないのでなんらかの対策は必須です。


P-N 次元の裂け目

永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いの墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

 


SR マクロコスモス

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

 

 

ティアラメンツと相性の良いテーマ

ここでは、ティアラメンツと相性の良いテーマを2選紹介!

純構築でも充分なパワーを持つテーマですが、カードプールがまだまだ少ない為、既存の融合テーマと組み合わせることで、更に力を飛躍させることが出来ます!

 

シャドール

まず相性の良いテーマの1つが「シャドール」!
管理人も好きな融合テーマの一つです。


SE 影依融合

 

シャドールはティアラメンツ同様、カードの効果によって墓地に送られると効果が発動するカードが多く存在する為、シャドールとの相性は抜群に良いです!

現に大会等ではすでに、シャドールを組み合わせたティアラメンツが入賞しているとの事!

 

また「ティアラメンツ」は、闇属性でほとんど統一されており、それらを融合素材にすることで
「エルシャドールミドラーシュ」を出せるのも相性が良い理由の一つだと思います。


SR エルシャドール・ミドラーシュ

融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

また、同じ融合テーマであることからフィールド魔法「壱世壊=ペルレイノ」の恩恵を受けられることで、「シャドール」の弱点である打点の低さをカバー出来る点も理由の一つです。

 

烙印

2つ目の相性の良いテーマは「烙印」!!
こちらも人気な融合テーマの一つです。


【遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ ALBA STRIKE】

 

シャドール同様効果で墓地に送られると、効果を発動するモンスターが多く存在する為、ティアラメンツの墓地送り効果によって、アドバンテージを稼ぐことが出来ます。

また、中盤に於いて墓地リソースを確保すれば、「烙印融合」によってティアラメンツを落とせば、融合モンスターを一気に展開することも可能です。

こちらの組み合わせも「烙印ティアラメンツ」として、大会等では結果を残しているみたいです。

現環境では、一番強力な組み合わせだと思います!

 

最後に

まだまだ、今後強化が望めそうな新規融合テーマ「ティアラメンツ」。

シャドール同様の効果を持っている為、個人的には、もはや新規シャドールカードだと思っています!(笑)

今回の「POWER OF THE ELEMENTS」に於いて、新たなテーマが続々登場しており、「ティアラメンツ」や「スプライト」が現環境では早速結果残しています。

恐らく今後「烙印融合」が次回の改訂において、規制されると予想しており、その影響でこの2大テーマが今後環境に於いてさらに結果を残すのでは?と予想しています。

KONAMIさん・・・・そろそろ「シャドール」にも新規を・・・(笑)

「シャドール」関連記事はこちらから!↓

烙印デスピアシャドール デッキレシピ【烙印融合大活躍!3大テーマの組み合わせ相性抜群!!シャドールはまた新たな力を得てしまった・・・】
アルバストラクに登場した新規融合カード「烙印融合」を採用した、「烙印デスピアシャドールデッキ」を紹介

https://yu-gi-ou-daisuki.com/%e3%80%8c%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e3%80%8d%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e4%b8%80%e8%a6%a7/

シャドールと相性の良いテーマ5選【一体どのテーマの組み合わせが一番正解なんや?】
シャドールと相性の良いテーマについて紹介




【遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -輝石のデュエリスト編- BOX】


【遊戯王 Ghosts From the Past: The 2nd Haunting BOX【遊戯王 英語版】】

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました