烙印デスピアシャドール デッキレシピ【烙印融合大活躍!3大テーマの組み合わせ相性抜群!!シャドールはまた新たな力を得てしまった・・・】

デッキ紹介

皆様新年あけましておめでとうございます!!

本年も当ブログをよろしくお願いします!

 

2022年最初の記事は、1月新制限適用「烙印デスピアシャドールデッキ」について紹介!!

元々「デスピアシャドール フェニックスガイ出張型」のデッキ構築にしていたのですが、今回の新制限に於いて「フュージョン・デステニー」が禁止に・・・

デスピア・シャドール【DーHERO デストロイフェニックスガイ出張セット】
デスピア・シャドール【DーHERO デストロイフェニックスガイ出張セット】について、紹介
2022年1月リミット・レギュレーション決定!!【今回は、中々の思い切った制限改訂になりました!】
2022年1月リミット・レギュレーション決定!!

しかし「アルバストラク」によって登場した新規カードによって「デスピアシャドール」が大幅に強化されました。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ ALBA STRIKE

元々「デスピア」と「シャドール」は、相性抜群でそこに「烙印」カードが増えたことによって初動のカードが増えた為、安定力及び展開力が大きく強化!!

是非、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

デッキレシピ

【モンスター】
・影霊の翼 ウェンディx3
・影依の巫女 エリアルx2
・シャドール・リザードx3
・シャドール・ヘッジホッグx2
・シャドール・ビーストx2
・シャドール・ドラゴン
・デスピアの導化アルベルx3
・非劇のデスピアンx3
・デスピアの大導劇神x2
・原始生命態二ビルx2
・増殖するGx2
・灰流うららx2
・アルバスの落胤x2

【魔法】
・影依融合x3
・神の写し身との接触x3
・赤の烙印x2
・烙印開幕x3
・烙印融合x3
・隣の芝刈りx2
・おろかな埋葬
・融合x3
・烙印劇城デスピアン
・禁じられた一滴x2

・冥王結界波
・超融合x2

【罠カード】
・影依の偽典x2
・影依の原核
・影光の聖選士
・烙印の剣

【エクストラデッキ】
・グラビティ・コントローラー
・デスピアン・クエリティス
・赫灼竜マスカレイド
・エルシャドール・ネフィリムx3
・エルシャドール・アプカローネx2
・エルシャドール・ミドラーシュx2
・神炎竜ルベリオンx2
・烙印竜アルビオン
・氷剣竜ミラジェイド
・ガーディアン・キマイラ

 

新規採用カード

「アルバストラク」に登場した新規カードは勿論、前回の「デスピアシャドール」の変更点として今回いくつかの新規カードを採用しています。

 

アルバスの落胤


SR アルバスの落胤

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

下記で紹介する新規カード「烙印融合」及び新規融合モンスターを採用する上で、今回のデッキに欠かせないモンスターです。

MAX3枚採用も考えましたが、1新規カード「烙印融合」によってデッキ融合が可能な為、出来るだけデッキに眠っていてほしいモンスターなので引く確率を少しでも減らす為、今回2枚採用にしています。

手札コストが必要ですが、相手モンスターも融合素材に出来る効果は、地味に強いです(笑)。

 

 

烙印融合


SR 烙印融合

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、
「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

こちらは迷わずの3枚採用です。「シャドール」及び「デスピア」とも相性が良く、単純に初動のカードが増えたことによって、融合が出来ないという場面が大きく解消されました。

「デスピアの道化アルベル」からもサーチが出来、手札に「シャドールモンスター」が無くても、このカードによってデッキから墓地に送ることが出来る為、展開の幅が大きく広がりました。


遊戯王 DAMA-JP006 デスピアの導化アルベル (日本語版 スーパーレア) ドーン・オブ・マジェスティ

 

デメリット効果はあるものの、使えば使うほど強さを感じるカードです。

次回の改訂でいきなり規制されなければ良いのですが・・・(笑)

 

 

神炎竜ルベリオン


UR 神炎竜ルベリオン

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
闇属性モンスター+「アルバスの落胤」
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「神炎竜ルベリオン」を除くレベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、このカードは攻撃できず、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

初動の「烙印融合」から特殊召喚するモンスターです。このカードによって墓地からの融合が可能になった為、手札に「シャドール」カードが無くても簡単に「エルシャドール・ミドラーシュ」「エルシャドール・ネフィリム」を出せるようになりました。


英語版(北米版) 紫 El Shaddoll Winda(S)(1st)(エルシャドール・ミドラーシュ)


遊戯王 MP21-EN247 エルシャドール・ネフィリム El Shaddoll Construct (英語版 1st Edition プリズマティックシークレットレア) 2021 Tin of Ancient Battles Mega Pack

融合素材をデッキに戻す効果な為、「アルバスの落胤」をデッキに戻すことによって、デッキに眠っている「烙印融合」を腐りにくくすることが出来、融合素材にした「シャドール」もデッキに戻すことが出来る為、融合素材のリソースを回復することが出来るようになりました。

自身が光属性ということもあり、フィールドに残ってしまうと効果使用後は用済みになってしまう為、「エルシャドール・ネフィリム」の融合素材としても使える点も便利です。

今回は下記で紹介する「氷剣竜ミラジェイド」の効果発動コストにも使用出来る為、2枚採用にしています。

 

 

氷剣竜ミラジェイド


UR 氷剣竜ミラジェイド

融合・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守2500
「アルバスの落胤」+融合・S・X・リンクモンスター
(1):「氷剣竜ミラジェイド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分・相手ターンに1度、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送って発動できる。
フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
次のターン、このカードはこの効果を使用できない。
(3):融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

実質2ターンに1度しか発動出来ない除外効果ですが、相手ターンでも使用できる為、十分相手を牽制することが出来ます。融合を主軸としているデッキな為、融合素材も供給しやすくなっています。

攻撃力も3000と高く、今回採用している「デスピアン・クエリティス」とも相性が良く、自身の攻撃力の高さを生かし大ダメージを与えることも可能です。


UL デスピアン・クエリティス

融合・効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
「デスピア」モンスター+光・闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル8以上の融合モンスターを除く、フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「デスピア」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

(3)の効果は相手依存の効果ですが、実際に使用してみると相手側は処理に結構困っていました・・・(笑)

場持ちにも優れているモンスターで、かなり優秀なモンスターだと思います。

但し「バウンス効果」でフィールドから離れた場合、破壊効果は使えない点は注意です。

 

 

灰流うらら


SR 灰流うらら

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

恐らく今後「烙印融合」の採用率が増えることが予想される為、その対策として新たに採用したモンスターです。その汎用率の高さは、決闘者ならば誰もが知っているはず(笑)。

欠点としては、今回採用枠の関係等で「エルシャドール・エグリスタ」を採用していない為、融合素材として使えないのが欠点です。


遊戯王/第9期/2弾/NECH-JP048SR エルシャドール・エグリスタ【スーパーレア】

 

 

ガーディアン・キマイラ


UR ガーディアン・キマイラ

融合・効果モンスター
星9/闇属性/獣族/攻3300/守3300
カード名が異なるモンスター×3
このカードは手札と自分フィールドのモンスターのみを
それぞれ1体以上素材とした融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカードの(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法カードの効果で融合召喚した場合に発動できる。
手札で融合素材としたカードの数だけ自分はデッキからドローし、
フィールドで融合素材としたカードの数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊する。
(2):自分の墓地に「融合」が存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならない。

最近採用率の高い汎用融合モンスター。「赫の烙印」を使えば相手ターンに融合召喚することが出来、相手フィールドのカードを破壊しながらリソースを稼ぐことが出来ます。


遊戯王 BODE-JP057 赫の烙印 (日本語版 レア) バースト・オブ・デスティニー

「赫の烙印」とかなり相性の良いカードです。

今回「融合」カードも採用している為、(2)の効果によって耐性を与えることが出来ます。攻撃力も3300と高く、アタッカーとしても優秀です。

融合モンスターでレベル8以上のステータスということもあり、「デスピアン・クエリティス」とも相性抜群です。

 

融合


SE 融合

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

融合をテーマとしているデッキ構築な為、事故要因になりやすいかなと思っていたのですが、実際に使ってみると中々良い働きをしてくれます。

元々「ガーディアン・キマイラ」の為に採用をしていたカードなのですが、単純に「融合」カードが増えたことによって融合出来ないという事故要因が大きく減りました。

 

 

禁じられた一滴&冥王結界波


SR 禁じられた一滴

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと
元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 


UR 冥王結界波

通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

後攻が苦手なデッキの為、その対策として採用しました。

「禁じられた一滴」は速攻魔法なので、相手ターンでも使えることで、妨害カードとしても使えますが、手札コストを必要とする為、今回2枚採用にしています。

その為、1枚は、デメリット効果がありますが「冥王結界波」を採用しています。

まあ、一番のこれらのカードの採用理由は、管理人が苦手とする「ふわんだりぃず」対策が一番の理由です(笑)。

ふわんだりぃず【まさしく令和版の血の代償】
新テーマ「ふわんだりぃず」について徹底解説

 

 

烙印の剣


P-N 烙印の剣

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地から「烙印」魔法・罠カードを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数だけ自分フィールドに「氷剣トークン」(ドラゴン族・闇・星8・攻2500/守2000)を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の、
「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

トークンのステータスも高く、アタッカーとしても優秀で、闇属性ということで「シャドール」等の融合素材にも使える為、今回採用しています。

(2)の効果も万が一、「アルバスの落胤」が除外され回収出来ない場合、「烙印融合」が腐ってしまうのを防ぐことが出来ます。

実際に使ってみると優秀なカードで、このステータスの高いトークンを大量に特殊召喚して勝利!という場面も多く、「勇者トークン」といい、最近登場するトークンのステータスが優秀すぎると思うのは自分だけでしょうか?(笑)

便利な出張テーマ「勇者トークン」とは!?【大会で大活躍中!!】
便利な出張テーマ「勇者トークン」について紹介!!なぜ、現環境において出張されているのか徹底解説!

 

 

回してみた感想

一つ目は、「デッキの安定性」です。

「融合」がメインのテーマな為、これまでの負けパターンとして「融合出来ない」というパターンが多かったのですが、今回のデッキ構築でその点が大きく改善されました。

今回の構築は、融合魔法カード関係を多く採用しており、先行及び後攻でも融合出来る確率がグンと上がっています。特に「烙印」関係のカードは、「デスピアの道化師アルベル」から全てサーチが出来る為、初動から「烙印融合」を発動出来る点が大きいです

 

二つ目は「展開力の向上」です。

上記で述べたように「烙印融合」と「神炎竜ルベリオン」によって大きく展開力が向上しました。特殊召喚メタである「エルシャドール・ミドラーシュ」を自分ターンは勿論、相手ターンでも出しやすくなりました。

また先行展開から「エルシャドールミドラーシュ」、「赫灼竜マスカレイド」、「氷剣竜ミラジェイド」といった3体を並べることが出来、「特殊召喚制限」、「カードの効果を発動する為にLP600を払わせる効果」、「フリーチェーンで相手モンスターを除外」といった3妨害を構えることが可能です。

 

最後は、長期戦に強くなった点です。

以前までは、終盤に近付いた場合、融合魔法はあるものの、デッキに融合素材となるシャドール等が枯渇してしまい、融合が出来ずに負けるという場面が多くありました。

しかし、今回「神炎竜ルベリオン」によって墓地や除外ゾーンから融合素材をデッキに戻すことによって融合召喚することが出来る為、融合素材のリソースを回復出来ることによって、長期戦にも強くなっています。「影依の偽典」で墓地融合も可能なのですが、このカードで融合召喚されたモンスターは直接攻撃出来ない為、長期戦になった場合腐ってしまう可能性があります。その為、「シャドール」にとって融合素材をデッキに戻せるようになったことは、大きいメリットとなります。


遊戯王 MP21-EN152 影依の偽典 Shaddoll Schism (英語版 1st Edition プリズマティックシークレットレア) 2021 Tin of Ancient Battles Mega Pack




コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779


遊戯王OCGデュエルモンスターズ デュエルロワイヤル デッキセットEX ROUND2


【初回製造分】 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ミレニアムシーンズ【Blu-ray】(『遊戯王オフィシャルカードゲーム』特典カード「死者蘇生」(プリズマティックシークレットレア仕様)、特製ブックレット(20P)封入)

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました