実家を掃除中に遭遇【今思えば〇ソゲーだったな】

その他




最近実家に用事があり、以前自分の部屋だった押し入れを漁っていた所、下記の懐ゲーに遭遇・・・

 


遊戯王デュエルモンスターズ 封印されし記憶 PSone Books

 

いや~懐かしいな。

小学生当時、誕生日プレゼントとして買ってもらったゲームです。

しかも、買ってもらったのは「初回限定盤」。

ちなみに当時封入して自分が当たったカードは下記のカード達。


遊戯王 封印されし記憶 限定BOX


遊戯王 デビルゾア ウルトラレア


遊戯王OCG ハーピィズペット竜 ウルトラレア


遊戯王OCG レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン 初期 シークレットレア

 

当時小学生の自分にカードの価値なんて全然分からなかったので、今でも所持しているカードもあるのですが、状態は酷いものです・・・

 

PS版の初カードゲーム版の遊戯王として、Vジャンプ等でも話題になっていたのですが、当時小学生でプレイしている時は、ただの難しいゲームとしか感じなかったのですが、今思うと中々の鬼畜ゲーということで、今回はこの「封印されし記憶」について当時を振り返り書いてみました。

 

とにかく鬼畜すぎる

PS版での初カードゲーム版の遊戯王ということで、当時の自分はテンションMAX!

しかし、いざゲームをプレイしてみると・・・

初期デッキは攻撃力ほぼ1000以下のモンスター達で構成。さらにこのゲーム手札のモンスターを「融合」を使わずになんと「融合」することが可能。


遊戯王 VP19-JP003 融合 (日本語版 シークレットレア) Vジャンプ 7月特大号 応募者全員サービス 20th ANNIVERSARY SECRET SELECTION

 

その為、序盤はこの「クイック融合システム」が超大事。特定のモンスターを融合することにより、何とか攻撃力2000以上の打点のモンスターを出すことができます。

ただ、小学校当時の自分にとっては、この融合で繰り出せるモンスターの法則が分からず、せっかく強力なモンスターを融合出来たとしても、手札ではじかれるのことも多々ありました・・・・

 

「難しすぎるんじゃ~!」




カード集めがとにかく大変

さて、上記では序盤はこのゲーム独自の融合システムを以下に使いこなせるかが、重要だと述べましたが、序盤の最終盤面や中盤では、相手の強さが一気に増します。

それもそのはず。下記のようなモンスターを何喰わぬ顔でバンバン出してくるんです・・


遊戯王 第11期 PGB1-JP028 青眼の究極竜【アルティメットレア】


遊戯王 ゲート・ガーディアン ウルトラレア

 

そのようなライバルに勝つために、デッキを強化しなくちゃと張り切る当時の自分。

 

しかし、ライバルに何度勝っても強力なカードは全く手に入らず・・・

それもそのはず、強力なモンスターが手に入る確率は、鬼畜仕様の確立となっております。

ならば、ライバルに勝ちまくってスターチップを集め、強いカードと交換しよう!と思っても強力なモンスターは、気が遠くなるほどのスターチップを集める必要があるんです・・・

 

その為、同梱されていた「ポケットステーション」を使い、家のリモコンの赤外線によるカード集めを決行!!


ポケットステーション(ホワイト)

 

この技は、「ポケットステーション」の赤外線受信機能を使ってテレビのリモコンからの赤外線を受信してランダムにカードをゲットできる機能なんです!

今思うと、めっちゃアナログ感丸出しですね(笑)。
しかも「リモコン1つで1枚」ではなく、「リモコンのボタン1つずつで異なるカードが1枚」手に入る為、家中のリモコンをかき集める事で相当数のカードが入手可能になります。つまり、自宅の家中のリモコンに強力モンスターを生み出す、リモコンが隠されているかもしれないということなんです。

ちなみに、今作はこの連動機能ありきのゲーム難易度となっており、ポケステ一つで難易度が大幅に変動するといっても過言ではないです。

考え方としては、面白いと思うのですが、当時周りの友達は、むしろポケステをもっている人たちの方が少なかったですし、なかなかの鬼畜だと思いませんか。

さすがKONAMI商法(笑)

 

肝心のデュエルが・・・

さあ、肝心のデュエルなのですが、とにかく強いモンスターを出せば簡単に勝てます。

それもそのはず。基本的には生贄なしで上級モンスターは召喚可能ですし、「青眼の究極竜」や「究極完全体グレートモス」も召喚条件無視で簡単に出せちゃうんです。


遊戯王OCG 究極完全態・グレート・モス アルティメットレア DL5-136-UL

 

もはや、デュエルモンスターズは魔法と罠のバランスが大事という法則は完全無視。強力モンスターをフル投入すればOK!(笑)

遊戯にバカにされる心配もありません(笑)。

 

勿論、「サンダー・ボルト」や「ブラック・ホール」の強力魔法も収録されている訳なのですが、基本的にこのゲーム、「魔法」を使用したり、「罠」をセットしたりしてしまうと、モンスターを召喚出来ません。


遊戯王 DP22-JP000 サンダー・ボルト (日本語版 ホログラフィックレア) デュエリストパック – レジェンドデュエリスト編5 –


遊戯王 WP01-JP003 ブラック・ホール (日本語版 シークレットレア) 20th ANNIVERSARYLEGEND SELECTION

 

つまり、基本的に1ターンに1枚しかカードを出すことが出来ない仕様なんです・・・

何故だ!!これには、当時小学生の自分もビックリ

普通のデュエルさせてくれよ!

最後に

当時の時は、ただこのゲーム難しいな~ぐらいしか思わなかったものが、この歳に振り替えるとホント酷いゲームだと改めて思います(笑)。

「カード屋」はセーブしか出来なくて、肝心のカードは売ってくれないし、お馴染みの「インセクター羽賀」や「ダイナソー竜崎」は昆虫属や恐竜属はほとんど使ってこず、全然関係ないモンスターばっかり出してきますし、とにかくツッコミ所満載でめっちゃ理不尽なゲームでした(笑)。

勿論遊戯王のゲームが全てこんなゲームばっかりという訳ではありませんが、ちゃんと神ゲーも存在しますし、初PS版のカードゲーム仕様の遊戯王がこんな出来だったと思うと涙が出てきますね(笑)


遊戯王ファイブディーズ タッグフォース6 – PSP

 

ちなみに、このゲーム、発売日がクリスマス時期というのも重なり、50万本を超える売り上げを見せたみたいです。

今思えば、初期のPS版での初の遊戯王ゲーム、「かプモン」の方がクオリティ高いと感じるのは自分だけでしょうか?

あちらは、東映版「遊戯王」のキャストによるボイス付きですし、結構豪華でしたよね。







遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズ BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6- BOX

コメント

タイトルとURLをコピーしました