サイバー・ドラゴン【サイバー・ドラゴンは男のロマン!】

テーマ紹介

アニメ遊戯王GXの「丸藤亮(ヘルカイザー亮)」が使用する、サイバードラゴン。


UL サイバー・ドラゴン

連続攻撃可能な融合モンスターによるワンキル力、Xモンスターによる妨害力、サイバーモンスター効果や魔法カードによる展開力、テーマとしてはかなり古いテーマですが、現在でも新規のリンクモンスター、魔法、罠、サイバーモンスターも登場し、今尚人気のテーマです。

 

今回はサイバードラゴンデッキと対戦する機会があったので、サイバードラゴンというテーマについて記載してみました。

 

 

サイバー・ドラゴンカードをサーチ効果を持つカード

サイバー・ドラゴンコア


N サイバー・ドラゴン・コア

効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

 

エマージェンシー・サイバー


SR エマージェンシー・サイバー

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター
または通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
(2):相手によってこのカードの発動が無効になり、
墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

サイバー・リペア・プラント


R サイバー・リペア・プラント

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
このカードの発動時に自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が3体以上存在する場合、両方を選択できる。
●デッキから機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
●自分の墓地の機械族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族・光属性モンスターをデッキに戻す。

 

サイバー・ドラゴンコアはフィールド、墓地にいればサイバー・ドラゴンとして扱うということで融合にも使えます。またサイバー、リペアプラントのデッキから機械族・光属性を1体を手札に加える効果で「壊星壊獣ジズキエル」も手札に加えることもできます。


N 壊星壊獣ジズキエル

一枚除去用としてデッキに入れておくのもありかもしれません。(以外と相手が壊獣握っていると分かっていると展開しにくいです・・・(笑)

 

サイバー・ドラゴンとして扱うカード達

サイバードラゴンモンスター達はフィールドや墓地では「サイバー・ドラゴン」として扱うカードが非常に多く存在します

サイバー・ドラゴン・ネクステア


SE サイバー・ドラゴン・ネクステア
 効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

 

サイバー・ドラゴン・ヘルツ


SR サイバー・ドラゴン・ヘルツ

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

 

サイバー・ドラゴン・コア


N サイバー・ドラゴン・コア

効果モンスター星2
光属性/機械族/攻 400/守1500
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

これらのモンスターはフィールド及び墓地に存在する場合、「サイバー・ドラゴン」として扱います。

ネクステア」は墓地から吊り上げる効果、「ヘルツ」はレベル5変換及び墓地のサイバー・ドラゴンを回収する効果、「コア」はサイバー魔法罠をサーチする効果。

これらのモンスターにより、EXデッキから強力なサイバードラゴンモンスターを呼び出すことができます。

 

EXデッキから出てくる強力なサイバー・ドラゴンモンスター

≪融合≫

サイバー・ツイン・ドラゴン


UR サイバー・ツイン・ドラゴン

融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2100
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

THEシンプルな効果ですが、ワンキル力は強力です。リミッター解除を使用すれば、攻撃力5600の2回攻撃が可能です。

 

キメラテック・メガフリード・ドラゴン


EXSE キメラテック・メガフリート・ドラゴン

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

 

基本的にはEXモンスターゾーンはお互いが一か所ずつ使用するため、相手がエクストラリンク状態でない限り基本的には除去できるのは1体となります。今回のルール変更によりS・X・融合はメインモンスターゾーンに特殊召喚が可能ですが、リンクモンスターはリンク状態でない限りはEXモンスターゾーンに置かなければならないので、最低でも1体は除去可能です。やはりルール効果によりモンスターを除去出来るのは強力に思います。

 

キメラテック・ランページ・ドラゴン


SE キメラテック・ランページ・ドラゴン

融合・効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2100/守1600
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードが融合召喚に成功した時、
このカードの融合素材としたモンスターの数まで
フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、
この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 

個人的にはサイバードラゴンの融合体の中で一番強力なカードだと思っています。(1)のバック破壊も中々ですが、墓地を肥やしつつ攻撃回数を増やせるのが非常に強力です。最大で3回攻撃が可能ですし、墓地を肥やして墓地融合の準備をすることが可能です。個人的には、「超電磁・タートル」を落として万が一に備えられるとちょっと面倒です(笑)


SE 超電磁タートル

≪Xモンスター≫

サイバー・ドラゴン・インフィニティ


SE サイバー・ドラゴン・インフィニティ(新規イラスト)

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族・光属性レベル6モンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

正規で出そうとすると出しにくいですが、サイバードラゴンデッキでならば「ノヴァ」に乗っかって簡単に出せちゃいます。このモンスターとにかく隙がないです。相手のモンスターを奪ってX素材にしてしまう効果や、神宣に近い妨害効果は非常に強力です。特に、「ギャラクシーソルジャー」からコイツの展開まで簡単にいけてしまうので、未だに、サイバーモンスターのエース級モンスターではないでしょうか。

 

PENTAX DIGITAL CAMERA

 

UR サイバー・ドラゴン・ノヴァ


SR 銀河戦士

≪リンク≫

サイバー・ドラゴン・ズィーガ


UL サイバー・ドラゴン・ズィーガー

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下】
「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが攻撃宣言をしていない自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの攻撃力2100以上の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで2100アップする。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカードの戦闘によるお互いの戦闘ダメージは0になる。

効果を使ってしまうとお互いの戦闘ダメージは0になってしまいますが、自分・相手ターンでも攻撃力を上げれるのは強力です。特に、「インフィニティ」+「ズィーガ」の2体がフィールドに並べられると地味に突破が難しいです。

 

 

フュージョン魔法カード(サイバー融合体を出し、相手を制圧!)

オーバーロード・フュージョン


SR オーバーロード・フュージョン

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、
機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

パワー・ボンド


SR パワー・ボンド

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズに自分は
この効果でアップした数値分のダメージを受ける。

 

サイバネティック・フュージョン・サポート


N サイバネティック・フュージョン・サポート

速攻魔法
ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、
その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、
これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。

 

どれをみても非常に強力な融合魔法カードです。機械族の融合魔法カードって結構優遇されている気がするのは、私だけでしょうか?(笑)

墓地で融合召喚可能なところはホントずるいです。

 

サイバードラゴンとデッキとの対戦(感想)

サイバー・ドラゴンデッキと実際に対戦した時の感想です。正直、結構展開力及び制圧力が結構高いです。特に、サイバードラゴンモンスター達がフィールド及び墓地ではサイバードラゴンとして扱う効果を持つモンスターが多くおり、また機械族の融合魔法カードは上記で紹介したように強力なカードが多いため大火力かつ強力な融合モンスター体を手札を減らさずに出せるところが強いと感じました。また、「ギャラクシー・ソルジャー」からの「サイバードラゴン・インフィニティ」の展開パターンは、「ギャラクシー・ソルジャー」の手札コストを「サイバードラゴンヘルツ」にしてしまえば実質手札アドバンテージ損失無しで、特殊召喚出来てしまう所は非常に強いです。

 

テーマとしても結構人気なテーマですし、ストラク投票でも高位を獲得しましたし、これからも恐らく新規カードが貰えるテーマではないでしょうか。

 

今回はサイバードラゴンについて述べてみました。この記事を読んで、自分もサイバードラゴンデッキを作ってみようかなと思ってくれる方が少しでもいたら嬉しいです

 




コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ PHANTOM RAGE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ドラグニティ・ドライブ- CG1691


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました