これが混沌の力か・・・

デッキ紹介




新パック「ライジングボルテックス」が発売され、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ BLAZING VORTEX BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1702

 

管理人はというと、バラで6パック購入。

開封結果はこんな感じです。

 

内容はともかく、6パック中3パックから光物登場。結構ヒキは悪くないんじゃ・・・

 

 

さあ、前置きはともかく今回は新たな力を得て、強力な展開が出来るようになった、「サンダードラゴンデッキ」!


SE 超雷龍-サンダー・ドラゴン

 

「超雷龍サンダードラゴン」「雷鳥龍サンダードラゴン」制限、「雷獣龍サンダードラゴン」の準制限とさまざな規制を受けてきた、サンダードラゴン。

これだけの規制を受けても、まだ全然戦える力を持っているテーマなのですが、「サンダードラゴンデッキ」の使い手としてはやっぱりパワーダウン感は否めかったんですよね~。

 

「ドラグーン」も牢獄に入れられてしまったし・・・・(笑)


UR 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ

 

混沌の力を得たカード登場!

さて、パワー不足感が否めなかったサンダードラゴンデッキですが、今回発売された「ワールドプレミアパック」にて強力な新カードが登場しました。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCGデュエルモンスターズ WORLD PREMIERE PACK 2020 BOX CG1695

 

その名は混沌領域!!


SR 混沌領域

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとは属性が異なり、
レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

上記の混沌領域と相性に良いのが下記のモンスター

 


N 輝白竜 ワイバースター

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

 

 

 


N 輝白竜 ワイバースター

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。

 

 

ではなぜこのカード3枚とサンダードラゴンの相性が良いのでしょうか。

 

それは、「サンダードラゴン」モンスター達の属性と除外された場合に発動する効果にあるんです。

サンダードラゴンモンスターは闇と光に構成されています。つまり「混沌領域」によって手札の光or闇属性のサンダードラゴンを捨てて、「暗黒竜コラプサーペント」or「輝白竜ワイバスター」をサーチ。

墓地のサンダードラゴンモンスターを除外し、自身を特殊召喚。

除外されたサンダードラゴンモンスター効果により、「同名モンスターサーチ」「サンダードラゴンカードサーチ」「デッキからサンダードラゴンモンスター特殊召喚」することが出来ます。

この「混沌領域」の登場により、前よりも一層アドバンテージテージを稼ぎながら、展開出来るようになったのは、非常に強いです。

②の効果のデッキの一番下に戻して1ドロー効果もなかなかのグッドですね。

 

カオスサンダードラゴンデッキ

さて、カオスの新規の説明はこれぐらいにして、下記みたいな感じでデッキを組んでみました。

 

【メインモンスター】

・サンダー・ドラゴンx3
・雷源龍ーサンダー・ドラゴンx3
・雷鳥龍ーサンダー・ドラゴンx3
・雷獣龍ーサンダー・ドラゴンx2
・雷劫龍ーサンダー・ドラゴン
・天雷震龍ーサンダー・ドラゴン
・雷電龍ーサンダー・ドラゴンx3
・暗黒竜 コラプサーペントx2
・輝白竜 ワイバースターx2
・孤高除獣x2
・太陽電池メン
・増殖するGx2
・灰流うららx3

【魔法カード】

・雷龍融合x2
・混沌領域x3
・ハーピィの羽根帚
・闇の誘惑x2
・墓穴の指名者x2

【罠カード】

・無限泡影x2

【エクストラデッキ】

・超雷龍ーサンダー・ドラゴン
・雷神龍ーサンダー・ドラゴンx3
・リンクリボー
・クロシープ
・I:Pマスカレーナ
・捕食植物ヴェルデ・アナコンダ
・天球の聖刻印
・トロイメア・フェニックス
・トロイメア・ケルベロス
・トロイメア・ユニコーン
・アクセスコード・トーカー
・双穹の騎士アストラム
・閉ザサレシ世界ノ冥神

 

実践レポート【こりゃ強いわ笑】

さて、上記のデッキを踏まえた上で早速実践開始!!

 

え?・・・何これ?

思ってた以上にめっちゃ強いですけど・・・(笑)

 

 

特に「混沌領域」と「白・黒の竜」たちがサンダー・ドラゴンモンスター達と思って以上に良く噛み合い良い、安定性がグッ上がりました!!手札事故は結構減った感じです。

 

これまでのサンダードラゴンデッキは各パーツが規制され、サンダードラゴンカードの枚数が減少したせいか、結構手札事故が起きてたんですよね。

特に大体その時ってせっかくの先行なのに、展開出来ず「超雷竜ーサンダー・ドラゴン」だけだして相手にターンを渡すってことが結構多かったんですよね。

それが、カオス要素を含めただけでここまで安定性と展開力が増すとは思っていませんでした。

 

混沌領域で手札のサンダードラゴンを切って、白・黒竜の特殊召喚条件で墓地のサンダードラゴンモンスターを除外し、デッキからモンスターを特殊召喚したり、サンダードラゴンカードをサーチ出来るようになったのは非常に強いです。

 

さらに、白・黒の採用によって、「ストライカー・ドラゴン」経由から「天球の聖刻印」を出すことが出来、一妨害構えることが出来るようになりました!


UR ストライカー・ドラゴン


UR 天球の聖刻印

 

展開力が上がったサンダードラゴンデッキですが、その展開力をさらに高めたのが下記のカードです。

 


N 太陽電池メン

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(3):自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

 

以前から「太陽電池メン」は採用していましたが、カオス要素を組み合わせることによって(2)の効果を安定して使えるようになり、そのおかげでリンク2にそのまま繋げやすくなりました。

 

 

 

さらに今回、新たに登場した新規リンク5モンスターを採用!!

召喚条件が重く、出すのは結構難しいかと思っていたのですが、展開力が上がったせいか、結構容易に出すことが出来ました。


UR 閉ザサレシ世界ノ冥神

リンク・効果モンスター
リンク5/光属性/悪魔族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/右/下/右下】
効果モンスター4体以上
このカードをリンク召喚する場合、相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材にできる。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):リンク召喚したこのカードは、
このカードを対象とする効果以外の相手の発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、墓地からモンスターを特殊召喚する効果を含む、
魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

 

相手のモンスター1体をリンク素材に出来るのってホント便利です(笑)。しかも、思ってた以上に墓地からの特殊召喚を封じるのは意外と強い。合わせて、「マスカレーナ」を絡めて相手ターンにモンスターをそ除去しつつ、リンク召喚できるのも良いですね。

今回対戦したのは、同じカオス要素を含んだ「混沌青眼デッキ」!!


SE 青眼の亜白龍

「青眼デッキ」は墓地からの特殊召喚を多用するデッキだった為、この効果がブッ刺さり相手は辛そうでした。(笑)

 

最後に

大会でも結果を残している「カオスサンダードラゴンデッキ」!

そのポテンシャルはいかがなものかと、実際に管理人もカオス要素を追加してみた訳ですが、ただ一言「強い(笑)」。

正直、この「混沌領域」の登場で、そろそろ次回のリミットレギュレーションあたりで、また「サンダー・ドラゴン」のパーツが規制を喰らうんじゃないかとヒヤヒヤしています。もしくは、白・黒竜が規制されるか・・・
いずれにしても、そんな心配をしてしまうくらいかなり強くなったということです。

是非「サンダードラゴンデッキ」を使用されている方は、組んでみて下さい!!
おススメです!


遊戯王 超雷龍ーサンダードラゴン プレイマット WCQ







遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ 凍獄の氷結界


遊戯王OCG デュエルモンスターズ SELECTION 10 BOX

コメント

タイトルとURLをコピーしました